2006年09月 Back
真夜中の・・・ - (2006.9.29[Fri])
人には夜型、朝型・・・ひとそれぞれ心地よい時間があると思います。
完全夜型の私ですが・・・娘の成長にあわせ、朝も不得意ではなくなってきた感じがします。むしろ、世の中がまだ動き出していない早朝のあの感覚は、かなり得した気分。・・・ですよね。
とはいえ、夜中の時間はいろいろやりたいことが出てきて、昨夜は「煮物」をしてました。
先日新潟に遊びに来てくれたCちゃんがイタリア出張の際に買ってきてくれたお土産を使ってみたくなったので、冷蔵庫にあった白菜とベーコンと一緒にコトコトやりました・・。コンロの脇にうつってるのが、お土産の「ドライトマト」と「ポルチーニ」、「オリーブオイル」です。ドライトマトは半生加減で、程よい塩気があって噛むほどに旨みが増す、今まで食べた中で間違いなくNO.1のドライトマトでした。ポルチーニも香りたかく、これと塩のみの味つけで十分美味しく仕上がりました。
こんな食材をうまーく包みこんでくれた赤の鍋は主人からのプレゼント。家族・友人みんなの愛がつまった一品です。なーんて、夜中にやってると思い込みの激しいキャッチコピーまで考えちゃってます・・・。

でも確実に、翌朝起きた娘は喜んでたべてくれるかな・・・、そんなことを思いながら母は作るのです。
これっていわゆる、かぁーさんがぁ、よなべをして〜♪かも〜。
イランイラン - (2006.9.28[Thu])
今日は朝の10時から「ヘッドスパ」。

これもお仕事ですぅ♪こんな嬉しいお仕事は大歓迎☆っと向かったのは「板倉庄三サロン」。
まずは、アロマオイルをひとつひとつかいで、お気に入りのアロマをみつけます。
ここでビックリ。聞きなじみのあるアロマオイルも、家で使っているのとも全然違う香り。そう、純度100%。当たり前ですが高級。
その日の体調や気分によって、好きと思える香りが違うそうです。結局、候補を3つ。そして、一つにしぼりきれないでいると、「イランイラン」「サンダルウッド」「ゼラニウム」の3つをバランスよくブレンドしてくださいました。

ゴッドハンドに身をゆだね、それはもう溶けそうな時間を過ごさせてもらいました・・・。

選んだアロマの一つ、イランイランはいつもお風呂にもいれている香りなので、今日のお風呂タイムももちろんイランイランにしてみました。完璧・・・と自己満足です。

それにしても、今日はキレイ!!すごいキレイ!!を何回も何回も男性陣に言われました。何がキレイって・・・頭皮です。嬉しいような、はづかしいような・・・。

同行したMさん(男性!)は、このヘッドスパ、しっかり予約入れていました(笑)男性も大歓迎だそうです。終わったあとは、世の中が違って見えるほどです!
「新潟って、おいしいね」 - (2006.9.27[Wed])
クィッキングでは、今回見開きで「佐藤智香子の食育探訪 新潟って、おいしいね」があります。
子供に食べさせたい美味しくて安全な食の魅力をリポートということで、「笹川流れの塩」をピックアップさせてもらいました。
取材の頃はちょうど夏休みも終わろうかという時で、塩作りをされている小林久さんのもとには、「夏休みの自由研究」で訪れる子供たちも多かったのです。

撮影以外にもお邪魔しお話を伺った時にご馳走になったのが、コチラ(→)。一見普通のソフトクリームですが、よーく見ると上から茶色い色をした藻塩がかかっているのです。スイカに塩、どころではない(当たり前ですが・・・)奥深ーい味わいでした。(ソフト自体もかなり濃厚!絶品!!)

それにしても、お店に入ってすぐ釜があり、秘伝といってもいいくらいの釜を惜しげもなく見せるその様には驚きました。「隠すってのは、やましいからでしょ」っていう小林さん。そうですね・・・確かに。でもしかし・・・。

聞けば小林さん、以前は大工さんをされてたそうで、「塩作り」も「ものづくり」が好きだから、それがたまたま塩だっただけといいます。とはいっても、製品にするまでのご苦労は好きだけじゃないのは一目瞭然でした。
「海に生まれた者は山のことに手をつけてもうまくいかない。山の事は山の人がやってくれる。海の目の前にいるんだから、海の事を考えるしかないんだよ」と小林さん。・・・胸に響きました。そういえる人にいつかなりたいものです。

最後に座談会に参加してくださった皆さん。本当にありがとうございました。皆さんの手元にクィッキング届いてますでしょうか?また是非参加してくださいね☆
Quicookinng 「un Jour Table Magic」 - (2006.9.26[Tue])
アンジュールさんに行くと、誌面と連動して、同じセッティングがされたコーナーがあり、レシピの入ったクッキングカードもおかれています。写真は、亀田のアピタ。今回のメインのstaubの鍋は、大きさも手ごろで使い勝手がいいです。オードブルをのせたトレー(お盆)も人気商品だそうです。我が家も今、ちょうどお盆が欲しいところです。
では、誌面にのせきれなかったレシピPART2です↓

「白桃のベリーニ」
白桃・・・2個
スパークリングワイン・・・600ml
ライム・・・適宜
1、桃は皮と種をとりミキサーにかける。
2、グラスに桃のピューレを加え、スパークリングワインを静かに注ぐ。
3、お好みでライムを添える。

「フルーツ杏仁 ジンジャーシロップかけ」
牛乳・・・100cc
ココナッツミルク・・・1カップ
砂糖・・・30g
ゼラチン・・・5g
バニラアイス・・・大さじ5

ガムシロップ・・・大さじ4
しょうがスライス・・・2枚
コンフィチュールまたはお好みのジャム・・・適宜
1、牛乳、ココナッツミルク、砂糖を加え温める。そこへふやかしたゼラチンを加え、さらにアイスを加える。
2、荒熱をとったら器にもり、冷蔵庫で冷やし固める。
3、ガムシロップとしょうがを軽く煮て香りを移す。上にジャムと一緒にのせる。

ベリーニは伊・ハリーズバーの定番カクテル。フレッシュな桃を使った贅沢さは秋ならでは!
Quicooking クィッキング10月号 発行! - (2006.9.25[Mon])
毎月25日はフリーペーパー、クィッキンングの発行日です。
今月は、いろいろなコーナーで頑張りましたよ☆
まずは・・・生活雑貨のun Jourさんとのコラボレーションページ「Table Magic」。
2回目の今回は秋のパーティーです。秋は果物が豊富!撮影当日は果物をいろいろ用意しました。スタイリストのIさんと感動したのは、2段になった「フルーツバスケット」(アンジュールさんで扱っています♪)
果物をじゃんじゃんのせて置いておくだけでサマになります。これは欲しい!ということで・・・誌面にのせきれなかった、その他のレシピPART1はコチラ↓

「りんごパイ」
りんご・・・1/2個
冷凍パイシート・・・1枚
グラニュー糖・・・6g
シナモンパウダー・・・適宜

1、リンゴは皮付きのまま、薄くスライスする。
2、パイシートは5CM角に切る。
3、パイの上にリンゴを3枚のせ、グラニュー糖をふりかけ、トースターで5分焼く。
4、上からシナモンをふりかける。

「やまいもと塩辛のノリマヨ」
やまいも・・・5cm位
塩辛・・・大さじ2〜3
マヨネーズ・・・大さじ2
青のり・・・小さじ2
1,やまいもは皮をむき、1cmかくにきる。
2,マヨネーズと青のり、塩こしょうを少しふってあえる。
3,スプーンにのせ、上から塩辛をかけサーブ。

レシピというには申し訳ないくらいカンタンです。ぜひお試しを!
実り - (2006.9.24[Sun]
秋晴れの中、巻町にあるカーブドッチワイナリーに行ってきました。
いい写真でしょ(←)。今年もまたおいしいワインができそうですね〜。
カーブドッチもしばらく行ってないと新しいものがいろいろできていて面白いです。今回は奥に「フェルミエ」というお店ができていました。
石釜で焼くピザが美味しかったです。
店内も太くて古い梁があって、かっこいいのですが、春にはまわりに芝をはるそうで、さらに素敵になりそうです。
今日はラジオの日なので、化粧直しもそこそこに番組前にかる〜く出かけたのに、思いがけずいろんな人と遭遇。とほほ(涙)
休みはみんなでかけてるんですねー。カーブドッチに!
春と秋がぴったりはまるところです。ここは。
やっぱ牛乳でしょ♪ - (2006.9.22[Fri])
・・・ということで、今日は県酪連さんで打ち合わせ。
去年の暮れに、新潟三越で行われた「ナチュラルチーズ&ミルクフェア」の料理教室。お陰様で、今年も開催されることになりました!

今年は12月27、28日にやります。

県酪連さんにお邪魔すると、ひろーい応接室に通していただき、真っ先に出していただくのがコチラ(→)
牛乳です!

家で飲む牛乳とひと味もふた味も違って思えるのは、雰囲気なのか、鮮度が違うのか・・・。(鮮度は同じハズ!)
とにかく美味しい。懐かしくて優しい味わい。

今年は昨年よりさらに面白いものになりそうです。
そして・・・県酪連さんで、いい言葉いっぱいみつけました。

「あと5cmあれば 彼女にリンゴをとってあげれたのに」
「友達とケンカして 友情にも骨にも ヒビが入った」
「顔面でシュートを止めて 肌荒れ」

なんかいいでしょ。牛乳飲もって気になります・・・。
新潟プラン - (2006.9.21[Thu])
新潟にすんでいると、県外の人が来たときどこに連れて行ってあげようか・・迷う、って話良く聞きます。
料理教室に来てくれている方で、ご主人の転勤で今新潟にすんでいる方は、新潟を遊ぶのが新潟人より上手でいつもみんなで参考にしてます(笑)

今回、新潟出身で今東京に住む友人が、横浜のお友達のCちゃんを連れて新潟に遊びに来てくれました。Cちゃんの事はいつも話にきいているので、親近感がわいていながらも、初対面。ドキドキ「ハミカミ新潟プラン」のスタートです☆

Cちゃんは2才半になるこれまたかわゆい娘ちゃん♪♪と一緒なので、まずは娘たちが喜びそうな水族館「マリンピア」へ。ここでCちゃんイルカショーのステージにあがる!一同大興奮☆
イルカ手帳をもらって、ちかくでランチ。

我が家でお茶して、夜は友人の実家にお泊まり。本町の「日本料理 大橋屋」さんのお料理をご馳走になりました。大橋屋さんの「かきあえなます」「ごまどうふ」など、新潟の贅沢な味をかみしめていると、Cちゃんの娘ちゃん♪は、一緒についてた「いくらの醤油づけ」を飲んでいるでは・・・笑。新潟の海の幸は美味しいからね〜って・・・アレ?まあ今日だけ特別ってことで、大人はソムリエに選んでもらったシャンパン→白ワインを味わいつつも、やっぱりまたビールに戻る(・・・)という感じで、夜はふけました。

翌日は、前日食べられなかった「チーズケーキ」から。ホルトハウス房子さんのチーズケーキにマリアージュの紅茶。濃厚でスパイシーさを感じるケーキに感動。
そして、〆はやっぱりコレ!「みかづきのイタリアン」!!イタリアンを買って、空港の屋上で食べ、第1回目 新潟プランは無事終了。楽しすぎて、みんなが帰ったら寂しくなりました。

嬉しい出会いをくれた友人に、温かくもてなしてくれた彼女の実家のお母さんたち、美味しい食事に、新潟のお天気・・・すべてが最高で、新潟がもっともっと好きになりました。
次回の新潟プラン、さっそく考えはじめてます。
相変わらず・・・ - (2006.9.18[Mon])
夏は終わったけど、秋晴れのタイミングを見はからっては海に出かけています。
私はサーフィンも、その他海遊びもしないけど最近海にでかけるのに積極的なのは「BBQ」ができるから。そう、相変わらず「七輪BBQ」です。

この連休は連日BBQ。写真は見えずらいのですが、アルミホイルの中は「冷やご飯」。ピーマンと筍のせんぎりがのっていて、オリーブオイルが上からかかっています。この後、カレーがかかり「焼きカレー」になります☆
毎日同じ物はたべたくないので、あれこれ挑戦してるんですが、外だと頭も柔軟で、色々うまれてきます。
いっそ、試作は外でやるほうがいいのかも・・・なんて思いはじめてます。
恋するキッチン - (2006.9.15[Fri])
今週は料理撮影がたくさん。
今日の午前中は、月刊新潟komachiのクッキングページ「恋するキッチン」の撮影。
komachiのクッキングページはかれこれ4年近くさせていただいているものです。始まったばかりの頃はチリコンカンの上にのせる目玉焼きの黄身がどうしてもいい位置にきてくれず、途中で卵を買ってきてもらったりと・・・編集部の方やカメラマンさんには、本当に感謝してもしきれないくらいお世話になっています。
で、今回はオール女性スタッフでの撮影。こんな風にとっています。一見さっぱりしてみえますが、この周りには、候補にあがったけど使わなかった器やクロス、小物、アイロンなどなど・・・広がっています。
みんな女性だと、「きゃ〜かわいい」「すご〜い」「恋しそう〜」「おいしそ〜」と聞こえてくる声も違います。私はこういう雰囲気の撮影が大好き。こういうときは決まって、うまくいきます。撮影後の試食タイムも、ずっとこんな感じ。完食してくれると、試作の苦労が吹っ飛ぶくらい、楽しい!!

今回も期待大です。板の向こう側の筑前煮は、10月25日発行のkomachiを是非見て下さいね☆
審査会 - (2006.9.13[Wed])
10月に、食と花の新潟を世界にアピールしよう・・というイベントがあります。
様々な企画がある中で、「米粉」を使ったスィーツも出品されます。
その公開審査会が開かれ、ワタシ・・・審査員として参加させていただきました(!!)

会場には、料理学校の副校長さんや、新潟の料亭の方、行政の方々、ポートクィーンの女性に、ロシア領事館の方もご夫婦でいらしていたり・・・テレビカメラも何台も入っていて独特の雰囲気を醸し出していました。
当日は新潟市内の8社17品目の和洋さまざまなスィーツが並びましたが、どれも共通するのは「米粉」を使う・・ということ。
何十個ものチェックポイントを見ていくのは、思ったより大変で、とにかく集中して、テンポ良く試食。

最初に小麦粉を使ったカステラを食べて、それから米粉を使ったカステラを試食。全然違うんです!米粉ってものすごいモチモチ感があります。
中でも気にいったのが、米粒ごとクリームに入っている「リ・アンペラトリス」というケーキ。コルドンで習った事のある懐かしい味でした。

ということで・・・10月のイベントでは、さらに改良された米粉スィーツが並ぶというので、それは楽しみです!!
米粉は小麦粉アレルギーのお子さんでもケーキが食べられる・・・のも魅力です。

こうして初めての審査員は終了。でも、カメラがくるといちいちリアクションをとろうとしてる自分がいたりして・・・。旅番組じゃないんだからねー(苦笑)

(ずらーーーーっと並んだスィーツをとりわすれたので、イベントパンフレットです。)
七輪BBQ - (2006.9.9[Sat]
夏が戻ってきたような天気の週末でした。
最近気に入っているのが、七輪でやるBBQ。
備長炭の炭をかって、七輪に入れ、ガスバーナーでぼぉ〜っと火をうつし、少しあおげばくれば、簡単に「備長炭の炙り」ができる手軽さ。

今回は冷凍庫の中、一掃セール・・・。
餃子、少し残ってたパテ、アジの開き、ウィンナー、たまねぎ、じゃがいもなどなど・・。
そして今日の目玉は、冷凍庫に眠ってたへんじんもっこのレバーペースト。途中でパンを買って、ペーストをバゲットにのせてあぶる。うーんいい感じ。だんだん調子にのってオードブルも作る。出来たのは
「あぶり山芋スライス レバーペースト&枝豆のせ ポン酢風味」(長いな〜笑)。山芋の半生の歯ざわりがなんとも言えず、美味!

お腹もいっぱいになったところで、シーカヤックにものせてもらっちゃいました。湖のように穏やかな海で、ただただ漂う・・・。
自然にかえった一日でした。
冷製スープ - (2006.9.5[Tue])
今日のランチでも冷製スープがでてきました。
今日は「白いんげんとトマトの冷製」。コクがあって、素朴な味わいで、もちろんしっかりと冷えてて美味。
そういえば先週、撮影後エディターのIさんとランチをしてたら「今シーズン3回目の冷製スープだ・・・」っていっていました。
私は何回目だろう・・・。

娘がまだ2歳とあって、食べられるものも何でもOKでもなく、その上「オナカスイタ・・」と思うとまったなし攻撃なので、お母さんはだっこしながら、御飯準備ってあわてるのです。そんな緊急事態用に、私はジャガイモのヴィシソワース、いわゆるジャガイモの冷製スープ、いわゆるジャガイモのくたくた煮の牛乳入り汁・・・を冷凍しています。

これがあれば、緊急時におかずのベースになってくれます。ここに野菜をいれてもいいし、ハムをいれてもいいし、ひき肉のそぼろにあんかけのようにかけてもいいし・・・。一応ジャガイモと牛乳で栄養もOKだと思うし。

だから、冷製スープを見るとつい娘を思い出します。
・・・ってこともなく、ゆったりランチできることに幸せを感じます。

あー、ママは忙しいな・・・。

今日のランチ@南浜通り Le Plat
旅に出たい・・・ - (2006.9.4[Mon])
・・・そんな気分です。近くても遠くても。

先週はいつもの料理教室に、撮影に、ロケに、三条でもお料理教室をさせてもらいました。
怒涛の一週間を経て、ふっと一息ついたら、もうすっかり秋〜。

旅カバンを持って、ふらり旅に・・。できたら電波の届かないところへ・・・。

なーんて、無理です(笑)子育て中ですから〜。
あてもなく、小説片手に、気の向くままに動いて・・・なんて。やってみたいぞー。

でも実際休みもないし、とりあえず向かったのは伊勢丹でやってる「九州展」。きびなごに、とんこつラーメンに、1個5000円のマンゴを絞った1杯300円のマンゴジュースに、さつま揚げに、明太子・・・それからそれから・・・。

すっかり、満腹。九州帰りの気分。安いな〜私(涙)

うわさに聞いてた「九州はウマイぞ!」・・・ホントだ!!
なかでも、いっちばん気に入ったのは、このこじまの「角煮まん」。冷凍をいっぱい買ってきました。
いつかいくぞー、九州!!

今月から写真入り☆

こじま http://www.kakuniyakojima.co.jp
Powered by HL-imgdiary Ver.3.00 Beta
記載記事・画像データなどの無断転用を禁じます。
@2005 Waioli Kitchen All right reserbed